貯金は全部頭金にしてもいいの?

スポンサーリンク

月々の返済額軽減のためにも頭金は多ければ多いほどよいのですが、貯金を全て頭金に回してしまうのは考えものです。

病気や怪我、リストラなどの万が一の収入減のリスクも考慮し、ある程度の貯蓄は残しておきたいものです。

いくらあれば安心かは各世帯の状況によっても違ってきますが、目安として生活費の3ヶ月〜6ヶ月分は手元に残しておくと安心です。

近い将来にわかっている出費があり貯金が間に合わないようであれば、その分は残して置いたほうがよいでしょう。

住宅購入にはさまざまなお金がかかります。

引越し費用や家具の購入費なども確保した上、いくら頭金に回せるのかを考えてみましょう。

author:MIO

35年の住宅ローンを組んで建てた家。夫の定年退職後も返済し続けるリスクにどう向き合うか!?子どもの教育資金を貯めつつ、穏やかに暮らすための老後資金をどうやって運用するかが目下の課題。

超低金利と言われる時代に借りた住宅ローンですが、さらに金利が下がったタイミングで思い切って借り換え、数百万円の圧縮に成功しました!住宅ローンの3秒診断 を今すぐCHECK!

あわせて読みたい