住宅ローン減税をうけるための条件とは?

スポンサーリンク

住宅ローン減税をうけるためには、いくつかの条件が必要です。

住宅を新築または新築住宅を取得した場合

  • 新築または取得の日から6ヶ月以内に居住していること
  • 控除の適用をうける年の12月31日まで引き続き居住していること
  • 控除をうける年分の合計所得金額が3,000万円以下であること
  • 住宅の面積が50平方メートル以上であること
  • 床面積の2分の1以上が居住用であること
  • 住宅ローンの残債が10年以上あること
  • 居住した年およびその前後2年の計5年間に、居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例などの適用を受けていないこと

※居住用住宅を2つ以上所有する場合は、主に居住している一方に限られます。

※贈与による取得には控除は適用されません。

国税庁タックスアンサー:住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)

author:MIO

35年の住宅ローンを組んで建てた家。夫の定年退職後も返済し続けるリスクにどう向き合うか!?子どもの教育資金を貯めつつ、穏やかに暮らすための老後資金をどうやって運用するかが目下の課題。

超低金利と言われる時代に借りた住宅ローンですが、さらに金利が下がったタイミングで思い切って借り換え、数百万円の圧縮に成功しました!住宅ローンの3秒診断 を今すぐCHECK!

あわせて読みたい