登録免許税とは

スポンサーリンク

登録免許税は、土地や建物の所有権を明らかにするための所有権移転登記などにかかってくる税金です。

登録免許税が関わる登記の種類は以下の通りです。

所有権移転登記

売主から買主へ所有権を移転させるための登記。

所有権保存登記

新築したときの所有権の登記。

抵当権設定登記

住宅ローンを組んだ時に発生する抵当権を明らかにする登記。

登記は自分ですることができるものもありますが、一般的には司法書士など専門家に手続きを代行してもらいます。

通常、ハウスメーカーや銀行が取引のある司法書士を紹介してくれたり直接依頼してくれたりします。

その際、司法書士に支払う報酬(4〜6万程度)や手数料が発生するので、予算を見ておくようにしましょう。

author:MIO

35年の住宅ローンを組んで建てた家。夫の定年退職後も返済し続けるリスクにどう向き合うか!?子どもの教育資金を貯めつつ、穏やかに暮らすための老後資金をどうやって運用するかが目下の課題。

超低金利と言われる時代に借りた住宅ローンですが、さらに金利が下がったタイミングで思い切って借り換え、数百万円の圧縮に成功しました!住宅ローンの3秒診断 を今すぐCHECK!

あわせて読みたい