固定金利と変動金利、どちらがお得?

スポンサーリンク

住宅ローンの金利には、大きく分けて「固定金利」と「変動金利」の2つのタイプがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらを選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

超低金利時代の今、返済開始から数年間のことだけを考えると、固定よりは変動、長期固定よりは短期固定の方が金利が低く、つい飛びついてしまいたくなります。

しかし、返済期間が長い人ほど、将来の金利上昇に備えなければなりません。

借入額や返済期間、家族構成やライフプランなどによってどのタイプが最適なのかは人それぞれです。

固定金利、変動金利、どちらがお得かで考えるよりも、自分たちにあった安心した返し方を考えてみましょう。

固定金利

メリット:完済まで返済額が一定なので安心感は大きい(全期間固定)。家賃感覚で返済していきたい人向け。

デメリット:変動金利に比べると金利が高め。

変動金利

メリット:固定金利に比べ金利が低い。

デメリット:将来金利が上昇すれば返済額も増えてしまう。返済の予定が立てにくい。

author:MIO

35年の住宅ローンを組んで建てた家。夫の定年退職後も返済し続けるリスクにどう向き合うか!?子どもの教育資金を貯めつつ、穏やかに暮らすための老後資金をどうやって運用するかが目下の課題。

超低金利と言われる時代に借りた住宅ローンですが、さらに金利が下がったタイミングで思い切って借り換え、数百万円の圧縮に成功しました!住宅ローンの3秒診断 を今すぐCHECK!

あわせて読みたい