所得税が戻ってくる!住宅ローン減税とは

スポンサーリンク

住宅を購入する際にローンを利用して購入した場合、所定の手続きをすることで、その年納めた所得税が戻ってくる制度があります。

それを「住宅ローン減税」または「住宅ローン控除」といいます。

住宅ローン減税は、返済期間10年以上のローンを組んで住宅を取得し、年末のローン残債が2,000万円以上残っている場合に、その残債の1%が10年間控除されます。

例えば、年末に2,000万円のローン残債がある場合には、その年の所得税から20万円が控除されます。

所得税から控除しきれなかった分は、翌年の住民税から最大9万7,500円が控除されます。

住宅ローン控除をうけるためには、確定申告をする必要があります。

給与所得者の方は、給与天引きされていた所得税が、確定申告することにより還付されます。

自営業の方は、確定申告時に住宅ローン控除も申告することで、収める所得税を減らすことができます。

なお、住宅ローン控除をうけるには、その年の合計所得が3,000万円以下(給与所得の場合は総支給額3,336万円以下)等の条件があります。

以上の条件に当てはまっている場合は、忘れずに確定申告しておきましょう。

author:MIO

35年の住宅ローンを組んで建てた家。夫の定年退職後も返済し続けるリスクにどう向き合うか!?子どもの教育資金を貯めつつ、穏やかに暮らすための老後資金をどうやって運用するかが目下の課題。

超低金利と言われる時代に借りた住宅ローンですが、さらに金利が下がったタイミングで思い切って借り換え、数百万円の圧縮に成功しました!住宅ローンの3秒診断 を今すぐCHECK!

あわせて読みたい