住宅ローンを借りる・返す

新型コロナウイルス感染症の影響により住宅ローンの支払いが困難になった方への支援一覧

新型コロナウイルス感染症の蔓延が長引く中、勤務時間が減少したり職を失うなどの影響から収入が減少し、住宅ローンの支払いが難しいという相談が急増しているそうです。

住宅ローンは毎月決まった額を返済しなければならない固定費であり、収入の減少により家計を直撃しています。

住宅ローン返済に関する相談や問い合わせが相次いでいることから、返済期間を伸ばすなど、各機関、各行ともに対策を打ち出してきていますので、ご紹介します。

住宅金融支援機構 フラット35

新型コロナウイルス感染症の影響により機構の住宅ローンのご返済にお困りの方へのお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少して住宅ローンの返済が大変、しばらくの間返済額を減らしたい、ボーナス返済を見直したい等の相談を受け付けてくれます。

住宅ローンの返済期間延長や、ボーナス払いの返済額見直しや取りやめ等に対応してくれます。

毎月の返済が遅れた場合にかかる延滞損害金についても相談に応じてくれる場合があります。

次の3項目全てに当てはまる方が対象

1.経済的事情や病気等により返済が困難な方

2.次のいずれかに該当する方

  • 年収が年間返済額の4倍以下
  • 月収が世帯人数×64,000円以下
  • 全ての住宅ローン年間返済額の年収に対する割合が年収に応じた率()を超える方で収入減少割合が20%以下

3.返済方法変更により返済を継続できる方

以上に当てはまる方は、返済中の金融機関に相談してみるとよいでしょう。

各金融機関

住宅ローンを提供しているそれぞれの金融機関でも、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた方への支援に乗り出しているところがあります。

住宅ローンの支払が難しいからと別の借金をするのではなく、まずはローンを組んでいる金融機関に相談してみましょう。

一部ですがご紹介します。

みずほ銀行

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大に関する資金繰り相談窓口」の開設について

相談方法:電話、メール、取引店

三菱UFJ銀行

新型コロナウイルス感染症に対する当行の取り組み

相談方法:Web、電話、取引店

三井住友銀行

新たなお借り入れやご返済条件の変更などに関するご相談窓口(中小企業または住宅ローン等をお借り入れの個人のお客さま用)

相談方法:電話、取引店

りそな銀行

新型コロナウイルス感染症への対応ならびにお客さまへのお願いについて

相談方法:電話、取引店

みずほ信託銀行

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大に関する資金繰り相談窓口」の開設について

相談方法:電話、メール、取引店

三井住友信託銀行

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、当社からのご融資の返済が困難となる場合等の相談窓口について

相談方法:電話、取引店

任意売却

住宅ローンの返済方法を変更してもなお、返済の継続が難しい場合は、住宅の任意売却等の方法があります。

どうしてもお困りの方は金融機関に相談してみましょう。

夫の定年を超えて組んでしまった住宅ローン。定年までの完済が当面の目標!
それと並行して、老後資金と教育資金の貯蓄も目下の課題。