住宅ローンはいくらまで借りられる?

スポンサーリンク

住宅ローンは、融資をうける銀行等によって条件は異なりますが、一般的に、税込年収の35%以内を借入可能額に設定している銀行が多いようです。

しかし、借入可能額上限まで借りてしまうと、返済が厳しくなることが多いようです。

無理のない返済をするには、借りられる額ではなく返せる額から借入額を決めましょう。

目安としては税込年収の25%以下に抑えるとよいでしょう。

例えば、年収500万円で35年返済なら、4402万円まで借り入れることができますが、無理のない返済のためには3144万円以下に抑えることをおすすめします(金利2%、元利均等の場合)

年収より試算した借入可能額
税込年収 25年 30年 35年
25% 35% 25% 35% 25% 35%
400万円 1966万円 2752万円 2254万円 3156万円 2515万円 3521万円
500万円 2457万円 3440万円 2818万円 3945万円 3144万円 4402万円
600万円 2949万円 4128万円 3381万円 4734万円 3773万円 5282万円
700万円 3440万円 4816万円 3945万円 5523万円 4402万円 6163万円
800万円 3932万円 5505万円 4509万円 6312万円 5031万円 7043万円

※ 金利2%、元利均等の場合 住宅保証機構 借入可能額の試算より

author:MIO

35年の住宅ローンを組んで建てた家。夫の定年退職後も返済し続けるリスクにどう向き合うか!?子どもの教育資金を貯めつつ、穏やかに暮らすための老後資金をどうやって運用するかが目下の課題。

超低金利と言われる時代に借りた住宅ローンですが、さらに金利が下がったタイミングで思い切って借り換え、数百万円の圧縮に成功しました!住宅ローンの3秒診断 を今すぐCHECK!

あわせて読みたい