住宅ローンを借りる・返す, 審査

住宅ローンの審査のポイントは?

住宅ローンの融資を受ける際に審査があります。

審査のポイントとしては以下があげられます。

収入の安定性

過去、そしてこれからも継続した収入があるかどうかがポイントです。

勤続年数

審査の目安は勤続3年以上。短期間の転職を繰り返している人は要注意です。

返済中のローンの有無

車のローンやクレジットのリボ払いなど、返済中のローンがある場合は住宅ローンを借りる前に完済してしまいましょう。一般に、他の借入額も含めた年間返済額と年収の割合で融資の基準額が決められるため、返済中のローンがあると借りられる住宅ローンが減額される場合があります。

クレジット等の過去の延滞の有無

クレジットカードや他のローンの返済状況は、借り入れた人の信用情報として記録されています。延滞などの記録は最長7年間は残ります。過去に延滞したひとは住宅ローンが借りられなかったり減額される恐れがあるので要注意です。

健康状態

住宅ローンを組む際、団体信用生命保険(団信)に加入することが必須である場合がほとんどです。生命保険に加入できる健康状態でなければなりません。