住宅ローンは最長何年で返済すればいいの?

スポンサーリンク

住宅ローンの返済期間は、一般的に35年返済か80歳までの返済のどちらか短い方が最長となります。

一部の金融機関には35年以上の返済の住宅ローンもあります。

借入期間が長ければ長いほど月々の返済額は少なくなりますが、総返済額が多くなります。

逆に借入期間が短いと、毎月の返済負担が大きくなってしまいます。

また、住宅ローンはできるだけ定年退職までに完済できる期間で借り入れするのがベストです。

退職すると収入が減る場合が大半なので、現役で働いていた時に比べ、住宅ローンの負担が大きくなってしまう可能性が高いです。

ですが、無理に定年までの返済期間を設定してしまうと、月々の負担が大きくなりすぎてしまう場合もあるでしょう。

その場合は無理のない期間で設定し、家計に余裕がある時に繰り上げ返済をして返済期間を短縮することも検討してみると良いのではないでしょうか。

返済期間は1年短くするだけでも利息の負担は少なくなります。

返済期間と月々の返済額のバランスをよく考え、無理のない借り方を検討してみましょう。

 

 

author:MIO

35年の住宅ローンを組んで建てた家。夫の定年退職後も返済し続けるリスクにどう向き合うか!?子どもの教育資金を貯めつつ、穏やかに暮らすための老後資金をどうやって運用するかが目下の課題。

超低金利と言われる時代に借りた住宅ローンですが、さらに金利が下がったタイミングで思い切って借り換え、数百万円の圧縮に成功しました!住宅ローンの3秒診断 を今すぐCHECK!

あわせて読みたい