頭金ゼロでも家は買える…がリスク高し!

スポンサーリンク

住宅を購入する上での頭金の有無は、借入に大きく影響してきます。

住宅購入費用の100%を融資してくれる金融機関もあり、頭金ゼロでローンを組むことは不可能ではありませんが、月々の返済額および利息の軽減のためにも、頭金はできる限り多く入れたほうがいいでしょう。

一般的に、住宅価格の90%以上のローンを組む場合、金融機関の審査が厳しくなり、希望額が借りられないこともあります。

一方、頭金が20%以上あると低い金利で借りられたり、融資をうける際に支払う保証料が無料になるなど、優遇がうけられる住宅ローンもあります。

頭金ゼロでも家を買えないことはないのですが、少しでもあったほうが、またその額は多いほうが有利になるといえます。

住宅購入時の諸費用や契約の手付金に自己資金が必要になることもあるので、今からでも貯蓄をして少しでも多くの資金を用意しておくことをおすすめします。

また、これまで頭金を貯めることができなかったということは、貯金体質ではない家計であるといえます。

将来の教育費や老後の資金を考えると、今から計画的に貯蓄してくことが不可欠です。

しっかり貯蓄できる体質をつくらなければ将来家計が破綻するリスクが高くなるので、頭金を貯められないという方はこの機会に家計全体を見なおしてみることをおすすめします

author:MIO

35年の住宅ローンを組んで建てた家。夫の定年退職後も返済し続けるリスクにどう向き合うか!?子どもの教育資金を貯めつつ、穏やかに暮らすための老後資金をどうやって運用するかが目下の課題。

超低金利と言われる時代に借りた住宅ローンですが、さらに金利が下がったタイミングで思い切って借り換え、数百万円の圧縮に成功しました!住宅ローンの3秒診断 を今すぐCHECK!

あわせて読みたい